埋没法という美容整形を受けた体験

高校卒業のタイミングで二重手術

: クリニックの上手な選び方|

子供の頃から、私はずっと一重まぶたにコンプレックスを感じていました。
一重まぶただと周囲に冷たい印象を持たれてしまうのです。
それで、二重瞼に生まれ変わるために、中学生くらいからアイプチをするようにしていました。
しかし、アイプチでぱっちりとした二重に生まれ変われるのですが、アイプチが上手くいかない日があるのです。
すると、外出する気になれず、最悪な一日になってしまいます。
そのようなコンプレックスを解消するために、美容クリニックで二重瞼の美容整形を受けようと決意しました。
ちょうど高校卒業後に長期間にわたる春休みがあるので、その時期を利用して整形を受けようと考えました。
春休み期間中ならば、ダウンタイムが長引いても安心です。
一口に美容クリニックといっても施術の技術はそれぞれに異なるので、ホームページや口コミなどをしっかりと読んで慎重に信頼できるクリニックを選びました。
まず最初にカウンセリングに伺ったのですが、先生が笑顔で挨拶してくれたのでほっとしました。
初めての美容クリニックだったので、カウンセリングは緊張した雰囲気になるのではと心配していたのです。
二重にしたいと伝えると、目頭切開や目尻切開など様々な施術方法を丁寧に説明してくれました。

二重整形だけしたい、いやもう高校卒業したら絶対する

— ⭕️しす (@shiashiishiu) March 7, 2018

高校卒業のタイミングで二重手術埋没法で切らずに二重にする腫れが引いてナチュラルな二重に感動