埋没法という美容整形を受けた体験

腫れが引いてナチュラルな二重に感動

麻酔注射を打った後、しばらく時間をおいてからいよいよ手術がスタートしました。
まぶたを糸で留めていくので、最初はすごく緊張していたのを覚えています。
しかし、看護師さんは手術中に「痛くないですか?」「あとすこしで終わりますよ」というように定期的に声をかけてくれました。
その言葉にほっとして、最後の方はリラックスして手術を受けることが出来たのです。
埋没法の施術は、両目でおよそ20分で終わりました。
手術直後に鏡を見ると、痛みはなかったものの少しまぶたが腫れているのが分かりました。
施術の翌日になると、よりまぶたが腫れて赤みが目立つようになったのです。
まぶたの上を軽く触ると熱があるのを感じました。
外出せずにずっと一週間ほど自宅で安静にしていた所、徐々に腫れも引くようになりました。
腫れがなくなるとくっきりとした二重瞼になっているのが分かり、感動ものです。
ナチュラルな感じで二重瞼に生まれ変われたので、とても満足してます。
時間をかけて朝にアイプチをする必要がなくなり、すごくありがたいです。
おかげで、自分の顔に自信を持てるようになり、明るい毎日を送ることができています。
目にコンプレックスを感じている人は、試しに埋没法を受けてみると良いでしょう。

高校卒業のタイミングで二重手術埋没法で切らずに二重にする腫れが引いてナチュラルな二重に感動